NIH Tag

Health Risingに、'Ron Davis (Finally) Gets His Big Grant!'が掲載されました。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)が、スタンフォードゲノムセンター ロン・デイビス医師等の研究 “Molecular and Single Cell Immunology of ME/CFS”に今年度 74,500ドル(約 8,200万円)を授与することが決定した等が記されています。 https://youtu.be/eQR4zpiyE6I...

Cure Meに、"$2.1M INVESTMENT IS UK’S ‘BIGGEST EVER INVESTMENT INTO PHYSICAL CAUSES OF ME/CFS ’"が掲載されました。 米国衛生研究所(NIH)から、英ロンドン・スクール・オブ・ハイジーン & トロピカル・メディスン CureMEチームに、2.1百万ドル(約2.3億円)の研究費が授与され、免疫・遺伝子プロファイルについて研究が行なわれること等が記されていいます。...

米国衛生研究所(NIH)が、3つの共同研究所とデータセンターに研究費約5.9百万ドル(約66億円)を授与すると発表しました。 コーネル大学 慢性疲労症候群(ME/CFS)共同研究センター 9.4百万ドル(約10.3億円)/5年 Dr. Maureen Hansonが主任で、ME/CFS研究者Dr. Dikoma Shungu, Dr. Betsy Keller, Dr. Fabien Campagne, and clinicians Dr. Geoffrey Moore, Dr. Susan Levine, and Dr. John Chia等が在籍しており、患者団体のSolve ME/CFS Initiative (SMCI), Workwell foundationが協賛している。 Dr. Shungu は、神経炎症と酸化ストレスについての研究をおこない、Dr. Hansonは、細胞外小胞の炎症反応について調べるプロジェクトを指揮する。Dr. Andrew Grimsonは、ME/CFSの免疫システムの特徴づける白血球の遺伝子調節不全を調べる。国立神経疾患・脳卒中研究所(MINDS)の監督下。 ME/CFSソリューションセンター 9.6百万ドル(約10.6億円)/5年 Dr. Ian Lipkinが主任であり、ME/CFS患者のサンプルから、自己抗体と共に、バクテリア・菌・ウイルスの分子的足跡を調査する。別のプロジェクトでは、運動後の代謝・遺伝子発現について調べる。さらに、現在のデータベースから臨床像・サブタイプ・併存疾患についても探ることになる。協力する研究者は、Dr. Lucinda Bateman, Dr. Anthony Komaroff, Dr. Susan...

nature.comに、'Biological underpinnings of chronic fatigue syndrome begin to emerge'が掲載されました。 慢性疲労症候群の存在を証明するような研究結果が次々に現れてきていることが記されています。 スタンフォード大学 Dr. Ronald Davisは、慢性疲労症候群患者にストレッサー(食塩)をあたえたところ、細胞の特性を調べる2,500個の電極で電気抵抗を測るキューブで調べると健常者の様に回復しなかった。 コロンビア大学、Dr. Ian Lipkinは、「病気の存在が示す大きな証拠があるだけれではなく、複雑な障害の集合であることを示している。」と語った。 米国医学研究所(IOM)は2015年、9,000を超える研究結果から、「慢性疲労症候群は、過小に研究されている身体的疾患である。」と結論づけた。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)は2017年は、6百万ドル(約6億7千万円)の研究費から12百万ドル(約13億円)へ増額した。 ...

サイエンス誌に、'NIH to double funding for chronic fatigue syndrome, but patient distrust remains'が掲載されました。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)が、昨年度所長が、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の研究費を2017年には、2016年度の倍額である1,500万ドル(15億9千万円)に増やす約束を果たした等がしるされています。...

Health Risingに、'NIH Pledges Long Term Effort on Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS): Promises to “Stay the Course”'が掲載されました。 3月8日(米時間) アメリカ国立衛生研究所(NIH)がテレカンファレンスを催し、所長 Dr. Francis Collins・国立神経疾患・脳卒中研究所(NINDS) 所長 Dr. Koroshets・研究主任 Dr. Nath等が会見に及んだ。 NIH所長 Dr. Collins 「この疾患の研究に専念し、世界で最高の研究センターであるNIHクリニカルセンターの全リソースを使う。」 NINDS所長 Dr. Koroshetz 「これからもずっと慢性疲労症候群研究を行う、所内で行なわれる研究だけで終わりにするのではなく、膨大な慢性疲労症候群を解明する作業の始まりにすぎなく、最後までやり通す。」 研究主任 Dr. Nathは 「慢性疲労症候群はエビデンスより神経免疫疾患であることを示唆しており、臨床センターでの最初の研究は、少人数の被験者で詳細な研究から初めて、長期及ぶにあたり、被験者の数を大人数にし、最終的には免疫調整薬の治験を行う。」と三者はそれぞれ発言した等が記されています。 ※関連記事 #MEAction Network 'NIH Telebriefing Full Transscript'  ...

#ME Action Networkに、'VOTE: USAWG REQUESTS TO NINDS DIRECTOR'が掲載されました。 複数の患者団体・ブロガー・個人の活動家が集まったThe US Action Working Group (USAWG) が、アメリカ国立衛生研究所(NIH) 国立神経疾患・脳卒中研究所(NINDS)に対する要望(pdf)を掲載しており、賛同できるかの投票を募っています。 要望の要約は以下の通りです。 慢性疲労症候群(ME/CFS)の臨床医・専門研究者を活用する。 ME/CFSの戦略計画の開発・実施・監視等の永続的な従事のため、相互間で進行していけるように、患者と専門団体と共同作業する。 NIHとP2Pで推奨されたとおり、研究のためのコンセンサスが得られた診断基準・研究標準の同意に達するためにME/CFSの専門家を招集する。 ME/CFSの科学的な進展のためには、サブセットを特定・特徴づける。 ME/CFSへの資金がどのようなプロセスを経ているかのレビューを行う。 毎年、ME/CFSのRFAを発刊する。 Dr. Ian LipkinのME/CFSへの携わりをモデルとする。 最高のケアを広げ模範とし、高い品質の研究を統合するため、ME/CFSの専門医師と協力し、中核的研究機関を設立する。 次世代のME/CFSの臨床医・研究医を教育するため、教育のための費用授与と協力をする。 Trans-NIHチームがミーティングでとりあげたアイデアと、以下の4つの事柄を採用する。 ...

Health Risingに、'Novel Finding Sparks NIH Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS) Gut Study'が掲載されました。 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)で、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の抗体によるバイオマーカーのため、アメリカ国立衛生研究所(NIH)が20万ドル(2,280万円)が、米コロンビア大学 Dr.Armin Alaediniに授与された等が記されています。 中枢神経系を攻撃する抗体を探そうとしたがみつからず、慢性疲労症候群患者のサブセットに、グルテンに対する抗体の上昇がみられ、重症度との関連もみられた。セリアック病との反応とも異なっている。グルテンへの抗体だけではなく、腸管壁浸漏症候群(LGS)の調査も行う。 ※関連記事 Bateman Horne Center 'BHC Collaborates on NIH Funded Study to Identify ME/CFS Antibody Biomarkers' ...