頭蓋内圧 Tag

慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)と脳髄液減少症の記事を書いたが、いくら調べても両疾患の関連性を示す研究というものがなく、探している中で、むしろ逆に髄液圧が向上しているというものをみつけました。しかも、髄液を抜いたら症状が改善したという論文 ” JRSM Short Rep. 2013 Nov 21;4(12) “Lumbar puncture, chronic fatigue syndrome and idiopathic intracranial hypertension: a cross-sectional study.”が出されていることがDr. Cort Johnsonのブログ "Pressure Building? Study Suggests Cerebral Spinal Fluid Pressure May Be Causing Problems in Chronic Fatigue Syndrome"で紹介されていました。 20人の慢性疲労症候群患者に腰椎穿刺をしたところ、20%が髄液圧が高く、頭蓋内圧亢進症(IIH)の診断基準を満たしており、腰椎穿刺による髄液圧を下げたことにより17人(85%)の患者が症状(頭痛・集中力の低下・疲労)が減じたと答えた。この論文を出した医師は、IIHの診断基準を満たす圧が高く設定されているため、正常範囲でもIIHの症状を呈することがあるのではと述べています。 そして、このブログの記事には、穿刺の時に脳髄液圧が高かったかどうか・穿刺の後に症状が改善したか・どのような症状が改善したかというアンケートがあり、2月10日時点で以下の様な結果でした。 穿刺の後、医師が脳髄液圧がどうであると言ったか? 正常 86(13%) やや高い 123(19%) 高い 379(59%) 何も言わなかった 50(8%) 穿刺の直後、症状はどうなったか? 非常に良くなった 220(34%) 少し良くなった 226(35%) 変化なし 111(17%) 少し悪くなった...