多発性硬化症 Tag

#ME Action Networkに、'Australian scientists make breakthrough in Chronic Fatigue Syndrome testing.'が掲載されました。 オーストラリア グリフィス大学で、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)・多発性硬化症(MS)患者の白血球のサブセットであるCD8陽性T細胞の異常によるバイオマーカーになりうるものを発見した等を、Hindawi 'A Preliminary Comparative Assessment of the Role of CD8+ T Cells in Chronic Fatigue Syndrome/Myalgic Encephalomyelitis and Multiple Sclerosis'に報告している等が記されています。 ※関連記事 ABC News 'Australian scientists make breakthrough in Chronic Fatigue Syndrome testing' EurekAlert 'Screening test for chronic...

Medical Xpressに、'Scientists find clues into cognitive dysfunction in chronic fatigue syndrome'が掲載されました。 米コロンビア大学 Dr.Mady Hornig等が、32人の慢性疲労症候群(MECFS/SEID)患者と40人の多発性硬化症(MS)患者・19人の健常者の脳脊髄液を調べ、慢性疲労症候群患者では、インターロイキン 1を含む炎症性の免疫分子が他の2つのグループより少なくなっており、エオタキシンは慢性疲労症候群と多発性硬化症のグループで高くなっており、慢性疲労症候群の認知障害に関連していることを示す可能性がある等を、Nature 'Cytokine network analysis of cerebrospinal fluid in myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome'で報告していることが記されています。