バクテリア Tag

The Microbe Discoveryに、'Ian Lipkin’s CII team shows gut bacteria in ME/CFS may influence disease severity'が掲載されました。 コロンビア大学のDr. Ian Lipkin等が、以下のような腸内細菌の異常が慢性疲労症候群(ME/CFS)と関連している可能性があると、Microbiome 'Fecal metagenomic profiles in subgroups of patients with myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome'で報告しています。  腸内細菌 フィーカリバクテリウム・ロゼブリア・ドレア・コプロコッカス‐ユウタクタス・クロストリジウム・ルミノコッカス ・クロストリジウムのレベルが、慢性疲労症候群(ME/CFS)患者で高い。 アリスティペスが多く、フィーカリバクテリウムが少ないことが最もバイオマーカーとなりうる。 ビタミンB6の生成・回復経路が豊富にあることがME/CFSであることを強く示している。 ※関連記事 Simmaron Research 'Columbia & Simmaron Gut Study Uncovers Another Chronic Fatigue...

INQUISTERに、'Gut Bacteria Linked To Chronic Fatigue Syndrome, Further Studies Needed'が掲載されました。 コーネル大学のDr. Maureen Hanson等は、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)患者の消化器内のマイクロバイオーム(微生物)の異常があると、Microbiome 'Reduced diversity and altered composition of the gut microbiome in individuals with myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome'で報告しています。 Dr. Hansonは、「我々の研究で、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)患者のマイクロバイオームの異常が示され、これが患者の消化器の症状や炎症の症状が起こっている可能性がある。さらに、私達の発見は、この病気が精神疾患だという馬鹿げた考えを払拭するエビデンスとなる。」と語っています。 さらに、食物繊維・プロバイオテクスなど、食事を変えることにより治療ができる可能性もある等が記されています。 ※関連記事 Science Daily 'Chronic fatigue syndrome is in your gut, not your head' malaymail 'Researchers find potential...

The Sunに、'Anorexia linked to bacteria by researchers which means there could be new ways to treat it'が掲載されました。 拒食症はバクテリア感染症による引き起こされる可能性があるとランカスター大学が報告しており、過敏性腸症候群(IBS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)も消化器内のバクテリアを変化させることにより症状が改善される可能性がある等が記されています。 ※関連記事 Science Day 'Do anorexia, irritable bowel syndrome, chronic fatigues share a common cause?' The Telegraph 'Anorexia may be caused by bacterial infection, say scientists' tocana '拒食症は感染症だった! 人間の心を蝕むバクテリアがいる(最新研究)' ...