タフツ大学 Tag

Simmaronに、'Theory To Explain Them All? The Vagus Nerve Infection Hypothesis for Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 迷走神経へのウイルス感染が慢性疲労症候群(ME/CFS)に関係しているという理論を、タフツ大学のDr. Michael VanElzakkerがたてている等が記されています。 ※関連記事 科学技術総合リンクセンター '迷走神経感染による慢性疲労症候群:精神神経免疫学仮説' PubMed 'Chronic fatigue syndrome from vagus nerve infection: a psychoneuroimmunological hypothesis.' About.com Fibromyalgia & Chronic Fatigue 'Vagus Nerve Infection in Chronic Fatigue Syndrome' Health Rising 'THE LIPKIN STUDY, THE VAGUS NERVE INFECTION...

サイエンス誌に、'False Positive(誤って陽性)'が昨年度2011年の9月に掲載されました。 重要なものだったんだけれど、長文でいろんなことが書かれていたため、 まとめるのが難しかったので今頃に・・・ 最初のページには、男性が「XMRV陽性」と記された赤いTシャツを着た絵が最初に。 そして、書き出しの最初はこうだ。 "Done. Case closed. Finito, lights off, The End." 終わったというような意味の言葉が5つもならび、その中にはイタリア語も含まれる。 自身が発表した論文を恥じ入るかのように、自虐的なまでの文章である。 最初に、Dr. Judy Mikovits。WPIという研究所のリーダーで、2009年度の論文を報告した人物。 その人の見解は。 "I don't care if nobody else in the world wants to work on it. Fine, leave us alone!" 「世界の誰も取り組みたくなくても気にしない。いいよ、ほっといて。」と。 この後、Judy Mikovitsは、プレゼン捏造疑惑・研究所から解雇・自閉症の会議でのエビデンスなしの発言・研究所のPC 機密情報を盗んだことで逮捕にまでいたり、次々とスキャンダラスな追い打ちが続くことに。 タフツ大学 Dr. John Coffinは、 "I begin comparing Judy Mikovits to Joan of Arc. The scientists will burn...