5 Strings

nature.comに、'Biological underpinnings of chronic fatigue syndrome begin to emerge'が掲載されました。 慢性疲労症候群の存在を証明するような研究結果が次々に現れてきていることが記されています。 スタンフォード大学 Dr. Ronald Davisは、慢性疲労症候群患者にストレッサー(食塩)をあたえたところ、細胞の特性を調べる2,500個の電極で電気抵抗を測るキューブで調べると健常者の様に回復しなかった。 コロンビア大学、Dr. Ian Lipkinは、「病気の存在が示す大きな証拠があるだけれではなく、複雑な障害の集合であることを示している。」と語った。 米国医学研究所(IOM)は2015年、9,000を超える研究結果から、「慢性疲労症候群は、過小に研究されている身体的疾患である。」と結論づけた。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)は2017年は、6百万ドル(約6億7千万円)の研究費から12百万ドル(約13億円)へ増額した。 ...

サイエンス誌に、'NIH to double funding for chronic fatigue syndrome, but patient distrust remains'が掲載されました。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)が、昨年度所長が、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の研究費を2017年には、2016年度の倍額である1,500万ドル(15億9千万円)に増やす約束を果たした等がしるされています。...

マイナビニュースに、'慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質 - 大阪市大が発見'が掲載されました。 ※関連記事 YomiDr. '「慢性疲労」血中成分に異常…客観的診断法へ期待' Scientific Reports 'Index markers of chronic fatigue syndrome with dysfunction of TCA and urea cycles' ...

US San Diego Healthに、'Researchers Identify Characteristic Chemical Signature for Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 UC サンディエゴ・スクール・オブ・メディスンが、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の患者には20の代謝経路での異常があり、代謝低下症候群・代謝が落ちた状態になっていると、PNAS 'Metabolic features of chronic fatigue syndrome'で報告している等が記されています。 Open Medicine FoundationのDr. Ronald Davisは、ホームページの中で、以下のように言及しています。 Dr. Ronald Davis, Director of the Open Medicine Foundation Scientific Advisory Board, reports that “this is the best study on ME/CFS that has...

Phylliy.comに、'Hemispherx's chronic fatigue syndrome drug approved for Argentina'が掲載されました。 ヘミスフェリックス・バイオファーマ社のアンプリジェンが、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の治療薬として、アルゼンチンで認可された等が記されています。 ※関連記事 Genetic Literacy Project 'New drug approved for Chronic Fatigue Syndrome, as mystery disease causes come into focus' 時事通信社 '米ヘミスフェリックス、脳脊髄炎治療薬のアルゼンチン販売認可〔GNW〕' ...

Occupy CFSに、'AHRQ Evidence Review Changes Its Conclusions' が掲載されました。 医療研究・品質調査機構(AHRQ)は、米患者団体から要求を受け、2014年のEvidence Reviewの補遺を発行し、段階的行動療法(GET)の効果については不十分な証拠で、認知行動療法(CBT)については、かろうじて効果があるとした。...

#ME Actionに、'TRIBUNAL ORDERS RELEASE OF PACE DATA'が掲載されました。 裁判所が、クイーン・メアリー (ロンドン大学) に対し、PACE Trialの匿名化されたデータを公開するように命じた等が記されています。 ※関連記事 The Conversation 'Tribunal was right to order release of chronic fatigue trial data' ...

INQUISTERに、'Gut Bacteria Linked To Chronic Fatigue Syndrome, Further Studies Needed'が掲載されました。 コーネル大学のDr. Maureen Hanson等は、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)患者の消化器内のマイクロバイオーム(微生物)の異常があると、Microbiome 'Reduced diversity and altered composition of the gut microbiome in individuals with myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome'で報告しています。 Dr. Hansonは、「我々の研究で、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)患者のマイクロバイオームの異常が示され、これが患者の消化器の症状や炎症の症状が起こっている可能性がある。さらに、私達の発見は、この病気が精神疾患だという馬鹿げた考えを払拭するエビデンスとなる。」と語っています。 さらに、食物繊維・プロバイオテクスなど、食事を変えることにより治療ができる可能性もある等が記されています。 ※関連記事 Science Daily 'Chronic fatigue syndrome is in your gut, not your head' malaymail 'Researchers find potential...