5 Strings

Open Medicine Foundationに、'OMF-funded Red Blood Cell Deformability Study Abstract'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者では、健常者でみられる赤血球が毛細血管に入り込む時の赤血球変形能が少ないことが分かり、簡単な機器で検査ができる可能性がある等が Dr. Ron Davis等が、Blood Journal 'Erythrocyte Deformability As a Potential Biomarker for Chronic Fatigue Syndrome'に報告しています。    ...

abcに、''Your disease is real': Breakthrough in diagnosis of chronic fatigue syndrome'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者は、カルシウムイオンチャンネルの障害があり、適切に機能することを阻害していると、豪グリフィス大学の研究が報告している。 この発見により、検査の開発が可能になり、慢性疲労症候群を正式な病気となり、医師等も真剣に取り扱うようになるだろう等が記されています。 ※関連記事 #MEAction 'CALCIUM CHANNEL ION DEFECTS: RESEARCH FROM AUSTRALIA’S GRIFFITH UNI.' ...

Health Risingに、'Ron Davis (Finally) Gets His Big Grant!'が掲載されました。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)が、スタンフォードゲノムセンター ロン・デイビス医師等の研究 “Molecular and Single Cell Immunology of ME/CFS”に今年度 74,500ドル(約 8,200万円)を授与することが決定した等が記されています。 https://youtu.be/eQR4zpiyE6I...

Medical News Todayに、'New chronic fatigue syndrome test is 84 percent accurate'が掲載されました。 分子を識別する特殊な技術により、慢性疲労症候群 (ME/CFS)患者に共通の562の代謝物と見つかった。2017年に行われた、過敏性腸症候群(IBS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)の両方を患っている患者の代謝物の研究結果と今回の新しい結果を合わせると、84%の確率で慢性疲労症候群を診断できると、コロンビア大学 Center for Infection and Immunity (CII)のDr. Nagy-Szakal等が、Naure 'Insights into myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome phenotypes through comprehensive metabolomics'で報告しています。...

Open Medicine Foundationが、ハーバード共同研究センター設立及びスタンフォードのデータセンセ拡張のため、1.8百万ドル(約1.98億円)出資したと、Open Medicine Foundation 'OMF creates new Harvard ME/CFS Collaborative Research Center and expands Stanford Data Center'に掲載されました。...

GIZMODに、'A Faulty Thyroid Might Help Explain Some Cases of Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者では、甲状腺ホルモン(T3,T4)が正常範囲内ではあるものの低下が見られ、rT3では高くなっており、ヨウ素の低下もみれれた。 L-T3・L-T4・ヨウ素のサプリメントを組み合わせることで治療に役立つ可能性がある等が、frontiers in Endocrinology 'Higher Prevalence of “Low T3 Syndrome” in Patients With Chronic Fatigue Syndrome: A Case–Control Study'で報告されている抔が記されています。 ※関連記事 Medscape 'Chronic Fatigue Syndrome Linked to Low T3 Syndrome' ...

Medscapeに、'Mast Cell Activation May Underlie 'Chronic Fatigue Syndrome''が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者の半数がマスト細胞活性化症候群(MCAS)であると臨床医のサミットの中で報告された等が記されています。 マスト細胞症候群(MCAS)は、以下の症状の2つ以上を満たす。 皮膚:蕁麻疹・血管性浮腫・顔面紅潮 消化器:吐き気・嘔吐・下痢・腹部けいれん 心臓血管:低血圧失神・目まい・頻脈 呼吸器:喘鳴 鼻眼:結膜充血・そう痒症・鼻づまり 治療法として、ヒスタミンH1受容体拮抗薬であるロラタジン・セチリジン・フェキソフェナジン、ヒスタミンH2受容体拮抗薬であるファモチジン・ラニチジン、肥満細胞安定化薬であるクロモリンナトリウム、タイムリリース型のビタミンC、バイオフラボノイドであるクェルセチンが効く可能性があるとのことです。...

Sammaron Researchに、'Norwegian Rituximab Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS) Trial Fails'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)の治療薬としてノルウェーで行われていた、リツキシマブの治験(フェーズ3)の審査が通らなかった等が記されています。...