5 Strings

ウォール・ストリート・ジャーナルに、'慢性疲労症候群の原因がウイルスという説に反証=研究'が掲載されました。 コロンビア大学 Dr. Ian Lipkin等が、レトロウイルスXMRV・pMLVは慢性疲労症候群(ME/CFS)と関連がないと、mBioに報告しいる等が記されています。 ※関連記事 BioToday 'マウスレトロウイルスと慢性疲労症候群の関連は認められず' 日系バイオテク 'Columbia大学、CDCなど、慢性疲労症候群とマウスのレトロウイルスとの関係を否定' ME/CFS Wiki 'Dr. Ian Lipkin, 9/18/2012, TWiV' EurekAlert 'Viruses not to blame for chronic fatigue syndrome after all' New York Times 'Chronic Fatigue Syndrome Back to Square 1' Wall Street Journal 'Virus Disproved as Cause of Chronic Fatigue Syndrome' Medical Xpress 'New study finds chronic...

Phoenix Risingに、'The “Obama Promise” Fulfilled: Obama Requests NIH Elevate Priority of Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 オバマ大統領が、国立衛生研究所(NIH)に慢性疲労症候群(ME/CFS)の研究を優先事項にするように促した等が記されています。 ※関連記事 ME Association 'Obama writes that the US will ‘enhance’ research into ME/CFS | letter to Mrs Courtney Miller | 26 July 2012' White House Chronicle 'Obama Takes an Interest in Chronic Fatigue Syndrome' ...

About.com: Fibromyalgia & Chronic Fatigueに、'FDA Again Looks at Ampligen for Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 アメリカ食品医薬品局(FDA)が、慢性疲労症候群(ME/CFS)治療薬としてアンプリジェンの資料提出を認めた等が記されています。 ※関連記事  iStockAnalyst 'Hemispherx Biopharma (HEB) Gains After FDA Accepts Resubmission Regarding Ampligen NDA' Virtual Strategy 'FDA Accepts Complete Response Submission Regarding the Ampligen(R) New Drug Application for Chronic Fatigue Syndrome' ProHealth 'Ampligen New Drug Application Process...

New York Timesに、'Dr. William C. Reeves, Who Sought Cause of Fatigue Syndrome, Dies at 69'が掲載されました。 アメリカ疾病予防センター(CDC) 慢性疲労症候群(ME/CFS)研究の主任であった、Dr. William Reevesが死去した等が記されています。 ※関連記事 Boston.com 'William Reeves, 69; studied chronic fatigue' Phoenix Rising 'CDC ME/CFS Chief, Dr. William Reeves Passes: A Look Back' Occupy CFS 'Passing of Dr. William Reeves' ...

Mecical XPressに、'Two effective treatments for Chronic Fatigue Syndrome / Myalgic Encephalomyelitis also cost-effective'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)の治療に認知行動療法(CBT)・段階的行動療法(GET)が有効であったと、英キングズ・カレッジ大学が報告している等が記されています。 ※関連記事 Halifax Courier 'Pacing for chronic fatigue syndrome ‘not cost-effective’' BBC 'Chronic fatigue syndrome: Brain training is most cost-effective treatment' The Independent 'Two chronic fatigue syndrome treatments offer good value' WebMed 'CBT 'most effective' for CFS/ME' netdoctor 'Two...

厚生労働省 疲労研究班ホームページに、慢性疲労症候群(CFS)研究班発足のお知らせが掲載されました。 意見書を出した筋痛性能脊椎炎の会(旧慢性疲労症候群をともに考える会)は、自分たちの功績にしたいのか朗報として捉えているようだが、前の記事「慢性疲労症候群(CFS)研究班は発足するも大幅に研究費が削減される」に書いたように、正確な額はまだ分からないが(厚労省に問い合わせたところ平成24年度は、600万円)、大幅な研究費削減のため、ホームページにもあるように、実態調査と客観的診断法の検証と普及しかできないのである。我々が最も必要としている病因・病態・治療法の解明などが全く出来ないということ。しかも、1年だけしか研究が許されていないという、日本で慢性疲労症候群(ME/CFS)の研究が始まって以来、最悪の研究環境ということになった。 名ばかり管理職という言葉があるが、名が疲労研究班であれ、日本の慢性疲労症候群(ME/CFS)研究の実績が認められていたにもかかわらず、まともな研究ができない慢性疲労症候群(ME/CFS)研究班という名ばかり研究班が出来上がったのである。専門の研究班を作っておけば、自分たちの功績にしたい患者会から文句は言われない。役所は狡猾である。 ※関連記事 厚労省 "障害者対策総合研究経費" ...