5 Strings

Medエッジに、'女性の慢性疲労症候群「閉経」で2.4倍'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)の罹患率は、閉経になると2.37倍であるほか、閉経開始の年齢が早い場合も1.22倍、月経出血過剰の場合は3.31倍、子宮内膜症は3.67倍、避妊用以外のホルモン製剤の使用で2.95倍、月経以外の女性器周辺の痛みで11.98倍、婦人科外科手術は3.33倍、子宮摘出術で3.23倍になると、アメリカ疾病予防センター(CDC)が、Menopauseに報告している等が記されています。 ※関連記事 Medical News Today 'Researchers associate CFS with symptoms of early menopause, gynecologic problems' Liberty Voice 'Chronic Fatigue Syndrome Now Linked With Symptoms of Menopause' Health Day 'Chronic Fatigue Syndrome Linked to Early Menopause: CDC' ...

Washington Timesに、'Chronic fatigue syndrome is a physical disorder, not a psychological illness, panel says'が掲載されました。 米国医学研究所(IOM) が、慢性疲労症候群(ME/CFS)が身体的疾患であり、精神疾患ではないと言明し、新しい診断基準と病名 Systemic Exertion Intolerance Disease (全身性労作不耐性疾患「訳は自信がありません」)を発表した等が記されています。 305ページのレポートは、The National Academics Press 'Beyond Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome'から無料で閲覧・ダウンロードできます。 尚、この発表では以下の報告等がなされています。
  • ME/CFSは、深刻・慢性的・多系統な疾患であり、患者の活動をしばしば、劇的に制限する。
  • アメリカでの患者数は、83.6万〜250万人
  • 診断を受けていない患者は、84〜90%
  • 医療従事者が懐疑的であること・精神的な病気である・患者の想像による作り事等という誤解により、診断を受けることに困難を伴う
  • 疾病区分ICD-10に新しいコード(慢性疲労や神経衰弱と関連しない)を追加する
  • systemic exertion intolerance disease(全身性運動不耐性病:SEID)を慢性疲労症候群(CFS)・筋痛性脳脊髄炎(ME)に変えて利用することを推奨する。
  • 病因・病態生理学・有効な治療のための研究費が著しく不足しており、委員会はサブグループを特定できず、疾患の自然経過を明確にすることすらできなかった。さらなる研究が必要である。
  • アメリカ合衆国保健福祉省(HHS)は、診断・治療ガイドを作成すべきである。
新しい提案された診断基準は以下のとおり。 以下の3つの症状がある。
  1. 疲労が伴うことにより、罹患する前の職業的・教育的・社会的・個人的活動の著しい減少・悪化が6ヶ月以上続き、しばしば深刻で、新しくかもしくは明確な発症があり、過度の労作によるものではなく、休息によって著しく回復しない。
  2. 労作後倦怠感
  3. 睡眠により回復しない
以下の2つのうち1つの症状がある。
  1. 認知障害
  2. 起立性障害

毎日新聞に、'難病:助成候補に610疾患'が掲載されました。 2月4日、厚生労働省の指定難病検討委員会、難病対策の新制度で医療費の助成対象の候補となる610疾患のリストを公表したが、慢性疲労症候群(ME/CFS)・線維筋痛症(FMS)等は外れている等が記されています。 しかし、検討を行う疾病610の中に、慢性疲労症候群のサブセットである慢性活動性EBV感染症が含まれています。 ※関連記事 産経ニュース '筋ジストロフィー、アイザックス症候群…41疾患を難病指定 線維筋痛症は外れる' YOMIURI ONLINE '難病の医療費助成、41疾患了承…厚労省専門委' ...

Health Risingに、'Chronic Fatigue Syndrome Articles Making Waves in the Medical Community'が掲載されました。 先日、掲載された Medscapeの'Chronic Fatigue Syndrome: Wrong Name, Real Illness(慢性疲労症候群:不適切な名称,本当の病気)'という記事が掲載されたが、今もなお大規模なサイトMedscapeの中で医療従事者の中で最も人気のある記事となっている。 著者は、慢性疲労症候群(ME/CFS)という病気が本物であり、ハーバード大学 Dr. Komaroff・スタンフォード大学 Dr. Montoya等による専門的な見解を引用し、それを証明している。 いくつかの研究での重要な発見・薬剤の治験についても強調して述べている。 研究費の額についても、患者数が40万人の多発性硬化症(MS)が115百万ドル(135億円)に対し、患者数100万人の慢性疲労症候群(ME/CFS)に対し5百万ドル(5億9千万円)しか授与されていない。 (続)...

SFGATEに、'Findings of brain anomalies may shed light on chronic fatigue'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者の右脳の白質が減少していると、米スタンフォード大学 Dr. Jose Montoya等がthe journal Radiology 'Right Arcuate Fasciculus Abnormality in Chronic Fatigue Syndrome'に報告した。 これまでの脳のスキャンの研究結果では、強く信頼できる身体的な病気であるとできなかったが、 この研究結果は新しいテクノロジーにより詳細なスキャニングができ、奨励に価するものだった。 患者の右脳の白質が減じており、白質は炎症から影響を受けやすいと考えられている。 言語・理解力を司る弓状束という部位は、灰白質は逆に厚みが増幅していた等が記されています。   ※関連記事 Stanford Medicine 'Study finds brain abnormalities in chronic fatigue patients' TODAY 'Not just lazy: Chronic fatigue is real, new brain scans show' RT 'Chronic fatigue?...

Medical Newsに、"Griffith researcher awarded $1.85m grant to accelerate diagnosis, treatment for CFS"が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)専門の診療所を設置・スマートフォンアプリをリリースしたオーストラリア グリフィス大学に、 診断方法・治療法開発に研究費 185万ドル(約2億円)の研究費が与えられた等が記されています。...

GenomeWeb Daily Newsに、'Nova Southeastern Wins $2M NINDS Award to Study Biomarkers of Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 ノバサウスイースタン大学に、2百万ドル(2億1千万円)の研究費でバイオマーカーを開発する等が記されています。 ※関連記事 news wise 'Nova Southeastern University Researcher Receives a Nearly $2 Million Grant to Investigate Myalgic Encephalomyelitis/ Chronic Fatigue Syndrome' Business Journal 'Nova Southeastern lands $2M grant to study chronic fatigue' ProHealth 'Nova Southeastern...

毎日新聞に、'難病:慢性疲労症候群 実態調査開始へ'が掲載されました。 ※関連記事 朝日新聞 '慢性疲労症候群、実態調査へ 原因不明の脱力感…厚労省が患者支援' カナロコ '難病・筋痛性脳脊髄炎 聖マリアンナ研究センターが初の実態調査' カトリック新聞 '慢性疲労症候群を調査へ' ...