研究

Science Dailyに、'Chronic Fatigue Syndrome: Inherited Virus Can Cause Cognitive Dysfunction and Fatigue'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者の約2%にChromosomally integrated HHV-6(CIHHV-6)という染色像体に組み込まれて存在するヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)に感染しており、認知障害・疲労等の症状に関連している。抗ウイルス薬であるバルガンシクロビルを投与して症状が改善された等が、Journal of Medical Virologyに報告されています。 ※関連記事 Doctor Tipster 'Chronic fatigue syndrome responds to antiviral therapy' simmaron 'More Viral Funny Business in ME/CFS' daily RX 'A New Disease Causing Fatigue?' About.com: Chronic Fatigue & Fibromyalgia 'Chronic Fatigue Syndrome or...

Prohealthに、'UK ME/CFS Biobank project awarded £1 million grant'が掲載されました。 アメリカ国立衛生研究所が、イギリスのバイオバンクプロジェクトに、3年間で約百万ポンド(1億5千万円)の研究費が授与された等が記されています。 バイオバンクとは血液などのサンプルを集め、研究に役立たせようとするもの。...

The Journalに、'Newcastle University scientists showcase work to tackle ME'が掲載されました。 英ニューカッスル大で、百万ポンド(約1億5千万円)の研究費が与えられ、抗がん剤リツキシマブが治療に使えるか・なぜ慢性疲労症候群(ME/CFS)患者が低血圧であるのか・炎症が疲労の症状にどのように影響するのかを研究する等が記されています。...

EurekAlertに、'NIH awards nearly $2 million to 3 NYC institutions for chronic fatigue syndrome research'が掲載されました。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)が、ニューヨークの3つの研究所に、190万ドル(約1億8千万円)の研究費が与えたこと等が記されています。 ※関連記事 News Medical 'Weill Cornell receives NIMH grant to discover novel biomarkers for chronic fatigue syndrome' ...

SunSentinelに、'NSU launches Institute for Neuro-Immune Medicine'が掲載されました。 米ノバサウスイースタン大学が、慢性疲労症候群(ME/CFS)と湾岸戦争症候群(GWS)の研究を行う施設を、5百万ドルかけて設立する等が記されています。 ※関連記事 newswise 'America’s First Institute for Neuro Immune Medicine to Open on Feb. 12' South Florida Business Journal 'New NSU institute seeks treatments for chronic fatigue syndrome, Gulf War Illness' The Daytona Beach 'NOVA institute to treat neuro immune conditions' CBS Miami 'Nova Southeastern...

理化学研究所 プレスリリースに、'血中の自己抗体が脳内に侵入して神経伝達機能を低下させる'が掲載されました。 ※関連記事 アットエス '原因不明の慢性疲労、病態の一端解明 浜ホトなど' 読売新聞 '慢性疲労症候群 神経伝達機能、自己抗体で低下' PLOS ONE 'Reduction of [11C](+)3-MPB Binding in Brain of Chronic Fatigue Syndrome with Serum Autoantibody against Muscarinic Cholinergic Receptor' ...

About.com: Fibromyalgia & Chronic Fatigueに、'CDC's Chronic Fatigue Syndrome Research Changing Course?'が掲載されました。 アメリカ疾病予防センター(CDC)が、当センターの研究者・病気の定義ではなく、国際慢性疲労症候群(IACFS)の代表でもあるDr. Nancy Klimas、ネバダ州で診察を行なっているDr. Dan Peterson等を含む7名のトップ研究者等と共に研究を行い、また、慢性疲労症候群(ME/CFS)のサブグルーピングを行うことになるよう。 CDCは、これまで慢性疲労症候群(ME/CFS)を精神疾患的・生物心理社会的と捉えたことにより、患者との軋轢が続いたが、慢性疲労症候群(ME/CFS)の生理学的な面に焦点を当てる研究者らが加わることにより、大きな進歩となりそうな感じ。 また、慢性疲労症候群(ME/CFS)の細分化も行われるようである。英Dr. Kerrはかつて、患者の遺伝子発現を調べ、慢性疲労症候群(ME/CFS)には7つのサブセットがあること示し、慢性疲労症候群(ME/CFS)の細分化が優先事項であると述べていた。慢性疲労症候群(ME/CFS)は多様な病態を含む疾患であり、研究対象にすべての病態を含むことにより一貫性がなくなり、また、診断・治療法も異なるはずである。細分化が行われることにより、それぞれの病態への理解・治療が進むことが期待できる。 関連記事 CDC 'Multi-site Clinical Assessment of CFS' About.com: Fibromyalgia & Chronic Fatigue 'The 7 Genomic Subtypes of Chronic Fatigue Syndrome' ...