研究

Science 2.0に、'Brain Imaging Reveals Clues About Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 運動調整・意欲に関連している大脳基底核の反応が慢性疲労症候群(ME/CFS)患者では低下していると、 エモリー大学がPLOS Oneに報告している等が記されています。 ※関連記事 SCIENCE CODEX 'Brain imaging reveals clues about chronic fatigue syndrome' Emory University 'Brain imaging reveals clues about chronic fatigue syndrome' ...

Science Portalに、'慢性疲労症候群の痛み抑制に手がかり'が掲載されました。 ※関連記事 日本経済新聞 '慢性疲労症候群の痛み、免疫細胞活性化が原因 名大教授ら' マイナビニュース '名大など、慢性疲労症候群の原因の一部は「ミクログリア」の活性化の可能性' Health Rising 'Brain Cells Making us Sick? The microglia connection in ME/CFS & Fibromyalgia' ...

PLOS ONEに、'Deficient EBV-Specific B- and T-Cell Response in Patients with Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)のサブセットで、エプスタイン・バーウイルス(EBV)感染後、B細胞・T細胞の反応不全があると、 報告されています。 ※関連記事 Prohealth 'Deficient EBV-Specific B- and T-Cell Response in Patients with Chronic Fatigue Syndrome' Simmaron Research 'EBV I: A Deficient Immune Response, Increased Levels of Epstein-Barr Virus Opens Up EBV Question in Chronic Fatigue Syndrome...

Scientific Americanに、'Baffling Chronic Fatigue Syndrome Set for Diagnostic Overhaul'が掲載されました。 アメリカ合衆国保険福祉省(HHS)からの要請を受けて、米国医学研究所(IOM)が100万ドルをかけて、 診断及び症例定義を抜本的に見直しをする調査を行い、2015年の春に発表される予定である等が記されています。 ※関連記事 True Blue Tribune 'The Open Medicine Institute (OMI) to Develop First-ever Biomarkers for Chronic Fatigue Syndrome and a Range of Complex Diseases' Market Watch 'The Open Medicine Institute (OMI) to Develop First-ever Biomarkers for Chronic Fatigue Syndrome and...

理化学研究所のホームページに、”慢性疲労症候群と脳内炎症の関連を解明”が掲載されています。 ※関連記事 毎日新聞 '慢性疲労症候群:患者脳内に炎症 理研チーム確認' ProHealth 'Neuroinflammation in Patients with Chronic Fatigue Syndrome/Myalgic Encephalomyelitis' PubMed 'Neuroinflammation in Patients with Chronic Fatigue Syndrome/Myalgic Encephalomyelitis: An 11C-(R)-PK11195 PET Study.' Health Rising 'Neuroinflammation: Putting the ‘itis’ back into Myalgic Encephalomyelitis – Back to the Future For Chronic Fatigue Syndrome?' WebMD 'Possible Clues to Chronic Fatigue...

Simmaronに、'Theory To Explain Them All? The Vagus Nerve Infection Hypothesis for Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 迷走神経へのウイルス感染が慢性疲労症候群(ME/CFS)に関係しているという理論を、タフツ大学のDr. Michael VanElzakkerがたてている等が記されています。 ※関連記事 科学技術総合リンクセンター '迷走神経感染による慢性疲労症候群:精神神経免疫学仮説' PubMed 'Chronic fatigue syndrome from vagus nerve infection: a psychoneuroimmunological hypothesis.' About.com Fibromyalgia & Chronic Fatigue 'Vagus Nerve Infection in Chronic Fatigue Syndrome' Health Rising 'THE LIPKIN STUDY, THE VAGUS NERVE INFECTION...

ProHealthに、'A Genetic Test for ME/CFS?'が掲載されました。 SNP解析で、症状の重さや治療に対する反応が予見できる可能性があり、28のSNPプロファイルにより、76%の確率で慢性疲労症候群(ME/CFS)患者を特定できるとNational Capital Region of Virginia TechがPharmacogenomicsに報告しています。...