研究

Science Alertに、'People With Chronic Fatigue Syndrome Are Exhausted at a Cellular Level, Study Shows'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者の白血球の代謝過程の異常があると、イギリス ニューキャッスル大が、PLOS ONE 'Cellular bioenergetics is impaired in patients with chronic fatigue syndrome' に報告している等が知るさています。...

Cure Meに、"$2.1M INVESTMENT IS UK’S ‘BIGGEST EVER INVESTMENT INTO PHYSICAL CAUSES OF ME/CFS ’"が掲載されました。 米国衛生研究所(NIH)から、英ロンドン・スクール・オブ・ハイジーン & トロピカル・メディスン CureMEチームに、2.1百万ドル(約2.3億円)の研究費が授与され、免疫・遺伝子プロファイルについて研究が行なわれること等が記されていいます。...

米国衛生研究所(NIH)が、3つの共同研究所とデータセンターに研究費約5.9百万ドル(約66億円)を授与すると発表しました。 コーネル大学 慢性疲労症候群(ME/CFS)共同研究センター 9.4百万ドル(約10.3億円)/5年 Dr. Maureen Hansonが主任で、ME/CFS研究者Dr. Dikoma Shungu, Dr. Betsy Keller, Dr. Fabien Campagne, and clinicians Dr. Geoffrey Moore, Dr. Susan Levine, and Dr. John Chia等が在籍しており、患者団体のSolve ME/CFS Initiative (SMCI), Workwell foundationが協賛している。 Dr. Shungu は、神経炎症と酸化ストレスについての研究をおこない、Dr. Hansonは、細胞外小胞の炎症反応について調べるプロジェクトを指揮する。Dr. Andrew Grimsonは、ME/CFSの免疫システムの特徴づける白血球の遺伝子調節不全を調べる。国立神経疾患・脳卒中研究所(MINDS)の監督下。 ME/CFSソリューションセンター 9.6百万ドル(約10.6億円)/5年 Dr. Ian Lipkinが主任であり、ME/CFS患者のサンプルから、自己抗体と共に、バクテリア・菌・ウイルスの分子的足跡を調査する。別のプロジェクトでは、運動後の代謝・遺伝子発現について調べる。さらに、現在のデータベースから臨床像・サブタイプ・併存疾患についても探ることになる。協力する研究者は、Dr. Lucinda Bateman, Dr. Anthony Komaroff, Dr. Susan...

The Microbe Discoveryに、'Ian Lipkin’s CII team shows gut bacteria in ME/CFS may influence disease severity'が掲載されました。 コロンビア大学のDr. Ian Lipkin等が、以下のような腸内細菌の異常が慢性疲労症候群(ME/CFS)と関連している可能性があると、Microbiome 'Fecal metagenomic profiles in subgroups of patients with myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome'で報告しています。  腸内細菌 フィーカリバクテリウム・ロゼブリア・ドレア・コプロコッカス‐ユウタクタス・クロストリジウム・ルミノコッカス ・クロストリジウムのレベルが、慢性疲労症候群(ME/CFS)患者で高い。 アリスティペスが多く、フィーカリバクテリウムが少ないことが最もバイオマーカーとなりうる。 ビタミンB6の生成・回復経路が豊富にあることがME/CFSであることを強く示している。 ※関連記事 Simmaron Research 'Columbia & Simmaron Gut Study Uncovers Another Chronic Fatigue...

The Microbe Discoveryに、'New Research Discovers Evidence of Atypical & Classical ME/CFS'が掲載されました。 米コロンビア大学のDr. Mady Hornig が、慢性疲労症候群患者の中でインターロイキン7(IL7)・インターロイキン(IL 17A)・ケモカイン(C-X-C motif) ligand 9が著しく低下している非定型の患者がいることが、Translational Psychiatry ‘Immune network analysis of cerebrospinal fluid in myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome with atypical and classical presentations’で報告されています。...

nature.comに、'Biological underpinnings of chronic fatigue syndrome begin to emerge'が掲載されました。 慢性疲労症候群の存在を証明するような研究結果が次々に現れてきていることが記されています。 スタンフォード大学 Dr. Ronald Davisは、慢性疲労症候群患者にストレッサー(食塩)をあたえたところ、細胞の特性を調べる2,500個の電極で電気抵抗を測るキューブで調べると健常者の様に回復しなかった。 コロンビア大学、Dr. Ian Lipkinは、「病気の存在が示す大きな証拠があるだけれではなく、複雑な障害の集合であることを示している。」と語った。 米国医学研究所(IOM)は2015年、9,000を超える研究結果から、「慢性疲労症候群は、過小に研究されている身体的疾患である。」と結論づけた。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)は2017年は、6百万ドル(約6億7千万円)の研究費から12百万ドル(約13億円)へ増額した。 ...

マイナビニュースに、'慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質 - 大阪市大が発見'が掲載されました。 ※関連記事 YomiDr. '「慢性疲労」血中成分に異常…客観的診断法へ期待' Scientific Reports 'Index markers of chronic fatigue syndrome with dysfunction of TCA and urea cycles' ...