薬剤

About.com: Fibromyalgia & Chroni Fatigueに、 'Ampligen for Chronic Fatigue Syndrome: Still a Possibility'が掲載されました。 2年前、初の慢性疲労症候群(ME/CFS)としての認可が却下されたアンプリジェンが、FDA(アメリカ食品医薬品局)により再申請が許可された等が記されています。...

Mail Onlineに、'Cancer drug 'key to treating chronic fatigue' as experts say syndrome may be caused by defective immune system' ノルウェーのHaukeland University Hospitalで、慢性疲労症候群(ME/CFS)患者に、抗がん剤 リツキシマブを投与し、三分の二の患者が回復したという報告は、リツキシマブは、抗体を生成する白血球の表面のたんぱく(B細胞)を壊す作用があるため、慢性疲労症候群(ME/CFS)は、自己免疫疾患であると示唆される等が記されています。 ※関連記事 BBC 'Immune system defect may cause ME' ABC NEWS 'Chronic Fatigue Syndrome: Study Supports Autoimmune Disease Theory' ThirdAge.com 'Chronic Fatigue Syndrome is an Autoimmune Disease, Study...

スタンフォード大学の、慢性疲労症候群(ME/CFS)研究者、Dr.Jose Montoyaの講演がYoutubeにアップされたことはこのブログに掲載したが、再生回数が、1万回を越え話題を呼んでいる。 発言の中には、 「未だに、医療界でこの病気が正真正銘であることを信じていないのは、恥辱である。」 「この講演に来て下さっている人に、持ってかえってもらいたいことが一つある。甘くみないで下さい。この病気は、正真正銘であるということである。」 「いつか、医療界が正式に、適切なケアをしなかったことに対し、謝罪するという夢を持っている。」 等が含まれており、ないがしろにされやすい病気であるが、この医師の発言により、非常に励まされ、反響があったのである。 治療法についても研究結果の報告もあった。 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者には、ヒトヘルペス6型が関連性があり、抗ヘルペスウイルス薬である、バラシンクロビルを投与した例を挙げている。ただ、抗ウイルス薬は副作用が強く、ファムビル・アシクロビル・ホルカルネット等の薬剤に変えながら治療した。その結果、認知機能・疲労も著しく改善したという。 モントーヤ医師は、「信頼して下さい。慢性疲労症候群(ME/CFS)の理解が進むように、私達はできうる限り尽力している。」とも語っている。 ※参照先 Phoenix Rising 'Straight Talk From Dr. Montoya: the Stanford Hospital CFS Lecture (March 2011)'...

New Scientistに、'Chronic fatigue syndrome eased by cancer drug'が掲載されました。 抗がん剤であるリツキシマブが、慢性疲労症候群(ME/CFS)患者15人中10人の症状を和らげた等が記されています。 ※関連記事 EurekAlert 'B-lymphocyte depletion using the anti-CD20 antibody rituximab in chronic fatigue syndrome' WebMD 'Cancer Drug May Also Treat Chronic Fatigue Syndrome' Prohealth 'Rituximab trial remissions suggest CFS is an autoimmune illness - for subset at least' PBR 'Rituximab proven to treat...