新型コロナウイルス感染後に慢性疲労症候群(ME/CFS)

新型コロナウイルス感染後に慢性疲労症候群(ME/CFS)

新型コロナウイルス感染後回復したものの、慢性疲労症候群(ME/CFS)を発症してしまう可能性が指摘されています。

加トロント大学Dr Harvey Moldofskyは、「2002~2003年にカナダで
SARSが感染爆発したとき、感染症後8%の患者に慢性疲労症候群(ME/CFS)に似ている症状を訴えた患者がいた。」と述べています。
参照元 The Telegraph ‘Coronavirus could cause secondary illnesses including chronic fatigue syndrome, experts warn

英レスター大 Dr. Nicola Clague-Bakerも、「重度の感染症と慢性疲労症候群(ME/CFS)との関連は明白で、エプスタイン・バーウイルス(EBV)とSARSの罹患後、8-10%が慢性疲労症候群(ME/CFS)を発症した。」と述べています。
参照元 University Leicester ‘Patients at higher risk of developing ME after COVID-19 diagnosis

 

 

 

No Comments

Post A Comment