幼児期の虐待と慢性疲労症候群(ME/CFS)の関連性

幼児期の虐待と慢性疲労症候群(ME/CFS)の関連性

Science Todayに、’Childhood Physical Abuse Linked to Chronic Fatigue Syndrome, Study Suggests‘が掲載されました。

女性が幼児期の身体的虐待を経験していると、慢性疲労症候群(ME/CFS)・線維筋痛症(FMS)・化学物質過敏症(MCS)の罹患する可能性が高くなると、トロント大学が、the Journal of Aggression, Maltreatment & Traumaに報告している等が記されています。

No Comments

Post A Comment