アメリカ Tag

アメリカでの慢性疲労症候群(ME/CFS)患者は、今はもうすでに当然存在する病気として扱われているのであろうか? 2006年に、CDC(アメリカ疾病予防センター)が、慢性疲労症候群(ME/CFS)が、Real(正真正銘)の病気であると記者会見を開いたとき、わずか16%の患者しか診断を受けていないという発言があった。参照元 CDC Press Briefing Transscripts November 3,2006 "When we completed the medical workups of people in Wichita to confirm that they had CFS, we found that only half of those with the illness had consulted a physician for the illness. We found that only 16 percent...

Medical News Todayに、'XMRV And Related Viruses Not Confirmed In Blood Of Healthy Donors Or Chronic Fatigue Syndrome Patients'が掲載されました。 アメリカ保健社会福祉省(DHHS)が、以前の調査でXMRV・MLV陽性であったサンプルも含み、それらのウイルスが存在するか調査したが、発見されなかった等が記されています。...