ノルウェー Tag

New Scientistに、'Antibody wipeout found to relieve chronic fatigue syndrome'が掲載されました。 ノルウェーで29名の慢性疲労症候群の患者にリツキシマブを投与し、18名の症状が改善した等が記されています。 リツキシマブとは抗癌剤で、抗体を産生するB細胞を全滅させる作用があり、 慢性疲労症候群の症状が改善したのは、 抗体により血液の循環が正常に行なわれていなかったが、 抗体がなくなったことにより症状が改善したのではという仮説を、 治験を行った研究者らは語っており、 また、150名の大規模は研究も進行中だとのことです。 ※関連記事 PLOS One 'B-Lymphocyte Depletion in Myalgic Encephalopathy/ Chronic Fatigue Syndrome. An Open-Label Phase II Study with Rituximab Maintenance Treatment' 科学検定 '【科学ニュース】抗体の消滅で慢性疲労症候群が緩解' New Scientist 'Chronic fatigue breakthrough offers hope for millions' Phoenix Rising 'Fluge & Mella’s pre-trial study highlights life-changing potential...

Mail Onlineに、'Cancer drug 'key to treating chronic fatigue' as experts say syndrome may be caused by defective immune system' ノルウェーのHaukeland University Hospitalで、慢性疲労症候群(ME/CFS)患者に、抗がん剤 リツキシマブを投与し、三分の二の患者が回復したという報告は、リツキシマブは、抗体を生成する白血球の表面のたんぱく(B細胞)を壊す作用があるため、慢性疲労症候群(ME/CFS)は、自己免疫疾患であると示唆される等が記されています。 ※関連記事 BBC 'Immune system defect may cause ME' ABC NEWS 'Chronic Fatigue Syndrome: Study Supports Autoimmune Disease Theory' ThirdAge.com 'Chronic Fatigue Syndrome is an Autoimmune Disease, Study...