ハーバード大学 Tag

The Independentに、'Scientists claim to have 'robust' evidence that chronic fatigue syndrome has biological cause'が掲載されました。 発症してから3年以内の慢性疲労症候群(ME/CFS)患者には、健常者に比べ、サイトカイン(インターフェロンガンマ等)が高いことを発見したとコロンビア大学がScience Advances 'Distinct plasma immune signatures in ME/CFS are present early in the course of illness'に報告しています。 バイオマーカーの候補ともなり、研究を指揮したMary Hornig医師は、「この発見は、何百万人者患者がすでに知っている慢性疲労症候群が精神疾患ではないということを裏付ける証拠になる」と語っている等が記されています。
※字幕を表示するには「CC」をクリックしてください。

Wall Street Journalに、 'Second High-Profile XMRV-Related Paper Retracted'が掲載されました。 アメリカ食品医薬品局(FDA)・アメリカ国立衛生研究所(NIH)・ハーバード大学によるMLV(マウス白血病ウイルス)検出された論文がPNASに掲載されたが、PNASがその論文を撤回した等が記されています。 ※関連記事 PNAS 'Retraction for Lo et al., Detection of MLV-related virus gene sequences in blood of patients with chronic fatigue syndrome and healthy blood donors' New York Times 'Scholars Retract Another Study Linking Virus to Fatigue Syndrome' Medical News 'Second XMRV-CFS Paper Pulled' News Medical...

ProHealthに、'Harvard EEG tests distinguish CFS from major depression patients; temporal lobe implicated'が掲載されました。 EEGにより脳の活動を調べ、特に慢性疲労症候群(ME/CFS)患者は、側頭葉の機能が落ちているという報告をハーバード大学が、BioMedCentralに掲載されました。 ※関連記事 About.com 'Brain Activity Separates Chronic Fatigue Syndrome From Depression, Healthy Controls' ...