イギリス Tag

#ME Actionに、'HISTORIC PARLIAMENTARY DEBATE SHAPED BY PEOPLE WITH ME'が掲載されました。 2019年1月24日、超党派で40名以上の国会議員が、英議会 下院で、慢性疲労症候群(ME/CFS)に関し審議するために集まった等が記されています。 慢性疲労症候群(ME/CFS)の診断・治療のための研究資金を増やすことと、段階的行動療法(GET)・認知行動療法(CBT)の推奨の中止等が求められた。 https://youtu.be/5HzZ4U6yU6o 英国会議員 キャロル・モナガン氏 8歳の時ME発症した事例を説明 https://youtu.be/RLDD099xiNI 英国会議員 ステファン・パウンド氏 MEの現実を見るように訴える https://youtu.be/79BaSpvHywI ...

MT Proに、HPVワクチンと慢性疲労症候群の関連示す証拠なし,英当局'が掲載されました。 ※関連記事 あなたの健康百科 '子宮頸がんワクチンと慢性疲労症候群の関連なし―英当局' WebMD 'Cervical cancer health centre' onmedica ''No evidence' of HPV vaccine link to chronic fatigue syndrome' Nursing Times Net 'Review finds 'no evidence' linking ME with cancer jab' ...

Prohealthに、'UK ME/CFS Biobank project awarded £1 million grant'が掲載されました。 アメリカ国立衛生研究所が、イギリスのバイオバンクプロジェクトに、3年間で約百万ポンド(1億5千万円)の研究費が授与された等が記されています。 バイオバンクとは血液などのサンプルを集め、研究に役立たせようとするもの。...

The Journalに、'Newcastle University scientists showcase work to tackle ME'が掲載されました。 英ニューカッスル大で、百万ポンド(約1億5千万円)の研究費が与えられ、抗がん剤リツキシマブが治療に使えるか・なぜ慢性疲労症候群(ME/CFS)患者が低血圧であるのか・炎症が疲労の症状にどのように影響するのかを研究する等が記されています。...

大分前であるが、医療ガバナンス学会に、'Vol. 306 慢性疲労症候群の患者たちが放置されている現状を打開するために'という記事が掲載された。また、YouTubeにも、'慢性疲労症候群(CFS)の患者たちに光を'と題された動画の中でも語られている筋痛性能脊椎炎の会(旧ともにかんがえる会)篠原三恵子代表が、「日本政府は慢性疲労症候群の研究がほとんどされていない。そして、アメリカやイギリスは器質的疾患と認めているから日本政府を見習え。」という度々行っている主張は正しいのか? 実は、この主張は真逆であって、アメリカ疾病予防センター(CDC)・イギリス国民保険サービス(NHS)は慢性疲労症候群(ME/CFS)を精神疾患的に捉えて研究されていると患者等からさんざん批判され、そして、日本は疲労研究をプライオリティとし多額の研究費が与えられ、研究実績に対して主にアメリカの患者団体から賛辞がおくられていたのである。 アメリカでは2006 年に、疾病予防管理センター(CDC)が研究者や医師達の研究結果を報告し、CFSは精神的疾患ではなく、深刻な器質的な疾患であると記者会見で宣言しま した。それ以降、認知キャンペーンを推進し、研究を支援しています。また、CDCにおけるCFSの研究責任者であるリーブス医師は、「CFS患者の機能障 害は、多発性硬化症、エイズ、末期の腎不全、慢性閉塞性肺疾患などと同程度なほど深刻です」と述べました。 引用元 医療ガバナンス学会 'Vol. 306 慢性疲労症候群の患者たちが放置されている現状を打開するために' まず述べられているCDCが慢性疲労症候群を深刻な器質的疾患であると記者会見で宣言したとあるが、これは明らかに間違っており、CDCは慢性疲労症候群(ME/CFS)をReal condition(正真正銘)の病気だと述べたに過ぎず、器質的疾患だと宣言したことはない。また、この引用の中のCDCの慢性疲労症候群(ME/CFS)研究責任者 Dr. William Reeves(リーブス医師)は、患者等から慢性疲労症候群を精神疾患的に捉えており、目立った研究成果が出せずにいたため、激しく批判されてきた人物である。 先日のNew York Timesに、このDr. William Reeves死去の記事が掲載された。 Dr. William C. Reeves, an epidemiologist who fought his own federal agency to obtain money to study chronic fatigue syndrome and then infuriated patients with the ailment by...

Telegprahに、'Why few dare tackle the psychology of ME'が掲載されました。 イギリスにおいて診察する医師が少なくなり、政府も精神的な側面を重点的に研究が行っている。 そして、先日のXMRV, pMLV両ウイルスが慢性疲労症候群(ME/CFS)患者に発見されなかったという記事が、なぜ、イギリスのメディアでほとんど取り上げられなかったのか? 医師でもあるイギリス Telegraphの記者 Max Pembertonが理由について推察している。 この記者が昨年度、'Protesters have got it all wrong on ME'という記事を書いた。イギリスの医師で慢性疲労症候群(ME/CFS)を精神疾患だと主張している医師に多数の脅迫文が送られているということ、精神疾患的要素が高いという旨の記事を書いた後、どのようなことが起こったのか。 記事がオンラインになった数日後には何千という脅迫も含むメッセージが届き、ネット上で記者の住む場所が特定され、写真もアップロードされ、セキュリティがどれくらいかを調べるために訪れた者もいたという。 何が問題であるのかということについて記者はこう言っている。 And therein lies the rub: that mental illness is seen as being ''made up’’ or somehow inferior to physical illness. メンタルな病気は正真正銘の病気ではなく、身体疾患より劣っているとみなしているところに問題があると。 精神疾患にされたくないということは、精神疾患に差別的に捉えていることになる。第三者からみると過激な行動をみればよけい精神疾患だと思われるだろうし、身体表現性障害の患者は医師に精神的なものとされると憤る傾向がある。 イギリスの過激な患者の行いにより、協力する者がいなくなり、精神疾患だと捉えられるという自身が最も望んでいない結果を生んでいるよう。...

Mecical XPressに、'Two effective treatments for Chronic Fatigue Syndrome / Myalgic Encephalomyelitis also cost-effective'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)の治療に認知行動療法(CBT)・段階的行動療法(GET)が有効であったと、英キングズ・カレッジ大学が報告している等が記されています。 ※関連記事 Halifax Courier 'Pacing for chronic fatigue syndrome ‘not cost-effective’' BBC 'Chronic fatigue syndrome: Brain training is most cost-effective treatment' The Independent 'Two chronic fatigue syndrome treatments offer good value' WebMed 'CBT 'most effective' for CFS/ME' netdoctor 'Two...

BBC Newsに、'Chronic fatigue syndrome 'affects one in 100 pupils''が掲載されました。 3つの学校の生徒、2,855人の内、28人が慢性疲労症候群(ME/CFS)のため学校に行くことができないと、ブリストル大学 Dr. Ester Crawleyが報告した等が記されています。 ※関連記事 CareNet '学校を長期欠席する生徒は慢性疲労症候群の可能性' Daily Mail 'Children who miss lots of school days 'may have chronic fatigue syndrome'' Bristol Univesity 'Is chronic fatigue a major cause of school absence?' the gurdian 'Study warns of higher ME rates among pupils' Telegraph 'Chronic...