バイオマーカー Tag

マイナビニュースに、'慢性疲労症候群患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質 - 大阪市大が発見'が掲載されました。 ※関連記事 YomiDr. '「慢性疲労」血中成分に異常…客観的診断法へ期待' Scientific Reports 'Index markers of chronic fatigue syndrome with dysfunction of TCA and urea cycles' ...

ME Australiaに、'THREE BIOMARKER DISCOVERIES IN MARCH!'が掲載されました。 病気である期間によって補正すれば、サイトカイン (IL-1a, 6, 8)がバイオマーカーになりうるとカナダ アルバータ大学 Dr. Lindsey Russel等が、BMC Immunol 'Illness progression in chronic fatigue syndrome: a shifting immune baseline'で報告し、末梢血単核球のmicroRNA発現の変異がバイオマーカーになりうるとDr. Robert  Petty等がPLOS ONE 'MicroRNAs hsa-miR-99b, hsa-miR-330, hsa-miR-126 and hsa-miR-30c: Potential Diagnostic Biomarkers in Natural Killer (NK) Cells of Patients with Chronic Fatigue...

Health Risingに、'Novel Finding Sparks NIH Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS) Gut Study'が掲載されました。 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)で、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の抗体によるバイオマーカーのため、アメリカ国立衛生研究所(NIH)が20万ドル(2,280万円)が、米コロンビア大学 Dr.Armin Alaediniに授与された等が記されています。 中枢神経系を攻撃する抗体を探そうとしたがみつからず、慢性疲労症候群患者のサブセットに、グルテンに対する抗体の上昇がみられ、重症度との関連もみられた。セリアック病との反応とも異なっている。グルテンへの抗体だけではなく、腸管壁浸漏症候群(LGS)の調査も行う。 ※関連記事 Bateman Horne Center 'BHC Collaborates on NIH Funded Study to Identify ME/CFS Antibody Biomarkers' ...

#ME Action Networkに、'Australian scientists make breakthrough in Chronic Fatigue Syndrome testing.'が掲載されました。 オーストラリア グリフィス大学で、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)・多発性硬化症(MS)患者の白血球のサブセットであるCD8陽性T細胞の異常によるバイオマーカーになりうるものを発見した等を、Hindawi 'A Preliminary Comparative Assessment of the Role of CD8+ T Cells in Chronic Fatigue Syndrome/Myalgic Encephalomyelitis and Multiple Sclerosis'に報告している等が記されています。 ※関連記事 ABC News 'Australian scientists make breakthrough in Chronic Fatigue Syndrome testing' EurekAlert 'Screening test for chronic...

Washington Postに、'With his son terribly ill, a top scientist takes on chronic fatigue syndrome'が掲載されました。 ヒトゲノム計画に利用された遺伝子マッピングを開発したスタンフォード大 ヒトゲノム解析センター長であるDr. Ronald W. Davisは、2度アメリカ国立衛生研究所(NIH)に研究費を申請したが却下されたが、寄付金により百万ドル(1億2千万円)が集まり、研究の初期段階を行うことができるようになった。 その研究は、重症患者から血液・汗・唾液・便のサンプルを採取し、質量分析法・DNA RNAシーケンスなどの高度なテクノロジーによって行われる等が記されています。 ※関連記事 #ME Action 'RON DAVIS ON WHY HIS NIH PROPOSAL WAS REJECTED' ...

The Independentに、'Scientists claim to have 'robust' evidence that chronic fatigue syndrome has biological cause'が掲載されました。 発症してから3年以内の慢性疲労症候群(ME/CFS)患者には、健常者に比べ、サイトカイン(インターフェロンガンマ等)が高いことを発見したとコロンビア大学がScience Advances 'Distinct plasma immune signatures in ME/CFS are present early in the course of illness'に報告しています。 バイオマーカーの候補ともなり、研究を指揮したMary Hornig医師は、「この発見は、何百万人者患者がすでに知っている慢性疲労症候群が精神疾患ではないということを裏付ける証拠になる」と語っている等が記されています。
※字幕を表示するには「CC」をクリックしてください。

GenomeWeb Daily Newsに、'Nova Southeastern Wins $2M NINDS Award to Study Biomarkers of Chronic Fatigue Syndrome'が掲載されました。 ノバサウスイースタン大学に、2百万ドル(2億1千万円)の研究費でバイオマーカーを開発する等が記されています。 ※関連記事 news wise 'Nova Southeastern University Researcher Receives a Nearly $2 Million Grant to Investigate Myalgic Encephalomyelitis/ Chronic Fatigue Syndrome' Business Journal 'Nova Southeastern lands $2M grant to study chronic fatigue' ProHealth 'Nova Southeastern...