検査 Tag

Medsacapeに、'Biomarker May Be a Diagnostic Test for ME/CFS'が掲載されました。 超微細電子工学血液検査により慢性疲労症候群(ME/CFS)の検査が可能になったと、PNAS 'A nanoelectronics-blood-based diagnostic biomarker for myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome (ME/CFS)'に、スタンフォード大 Dr. Ron Davis・カリフォルニア大学アーバイン校 Rahim Esfandyarpour等が報告してる等が記されています。 慢性疲労症候群患者20名の血液と健常者20名のそれでは、高浸透圧ストレスに反応するインピーダンスのパターンの違いがあり、100%の確率で判別できたそうです。 ※関連記事 Stanford University 'Biomarker for chronic fatigue syndrome identified'Sputnik 日本 ''血液分析で慢性疲労の識別に成功' ...

Medical New Todayに、'Groundbreaking blood test detects fibromyalgia'が掲載されました。 オハイオ州立大学で、線維筋痛症(FMS)の血液検査を開発した等が記されています。 血液中の分子の化学結合・エネルギーレベルを調べることができる振動スペクトロスコピーで、関連している疾患である関節リウマチ・変形性関節症(OA)・エリテマトーデス(SLE)からも、線維筋痛症を判別できるとのことです。 ...

abcに、''Your disease is real': Breakthrough in diagnosis of chronic fatigue syndrome'が掲載されました。 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者は、カルシウムイオンチャンネルの障害があり、適切に機能することを阻害していると、豪グリフィス大学の研究が報告している。 この発見により、検査の開発が可能になり、慢性疲労症候群を正式な病気となり、医師等も真剣に取り扱うようになるだろう等が記されています。 ※関連記事 #MEAction 'CALCIUM CHANNEL ION DEFECTS: RESEARCH FROM AUSTRALIA’S GRIFFITH UNI.' ...

ProHealthに、'A Genetic Test for ME/CFS?'が掲載されました。 SNP解析で、症状の重さや治療に対する反応が予見できる可能性があり、28のSNPプロファイルにより、76%の確率で慢性疲労症候群(ME/CFS)患者を特定できるとNational Capital Region of Virginia TechがPharmacogenomicsに報告しています。...