スタンフォード大 慢性疲労症候群(ME/CFS)の検査確率か

Medsacapeに、’Biomarker May Be a Diagnostic Test for ME/CFS‘が掲載されました。

超微細電子工学血液検査により慢性疲労症候群(ME/CFS)の検査が可能になったと、PNAS ‘A nanoelectronics-blood-based diagnostic biomarker for myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome (ME/CFS)‘に、スタンフォード大 Dr. Ron Davis・カリフォルニア大学アーバイン校 Rahim Esfandyarpour等が報告してる等が記されています。

慢性疲労症候群患者20名の血液と健常者20名のそれでは、高浸透圧ストレスに反応するインピーダンスのパターンの違いがあり、100%の確率で判別できたそうです。

※関連記事

カテゴリー: 研究 | タグ: , | コメントする

濠 慢性疲労症候群(ME/CFS)研究に3百万ドル

#MEActionに、’AUSTRALIAN GOVERNMENT ANNOUNCES $3M FOR ME/CFS RESEARCH‘が掲載されました。

オーストラリア政府が、慢性疲労症候群(ME/CFS)の研究に3百万ドル(約2億3,700万円)が授与される等が記されています。

カテゴリー: 研究 | タグ: | コメントする

線維筋痛症(FMS) 分子指紋で血液検査が可能に

Medical New Todayに、’Groundbreaking blood test detects fibromyalgia‘が掲載されました。

オハイオ州立大学で、線維筋痛症(FMS)の血液検査を開発した等が記されています。

血液中の分子の化学結合・エネルギーレベルを調べることができる振動スペクトロスコピーで、関連している疾患である関節リウマチ・変形性関節症(OA)・エリテマトーデス(SLE)からも、線維筋痛症を判別できるとのことです。

カテゴリー: 研究 | タグ: | コメントする

デンマーク国会「筋痛性能脊髄炎(ME)を明確な疾患」

#ME Actionに、’DENMARK: MPS WILL VOTE WHETHER TO RECOGNISE ME AS WHO-DEFINED DISEASE!  ‘が掲載されました。

2019年3月12日、デンマーク健康担当の政治家が満場一致で、筋痛性能脊髄炎(ME)を明確な疾患と認め、「機能性疾患」から除外し、世界保健機構(WHO)のコードを推進するということに同意した。

3月14日には、この宣言に対し国会で投票が行われる等が記されています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

英国会で歴史的な慢性疲労症候群に関する審議

#ME Actionに、’HISTORIC PARLIAMENTARY DEBATE SHAPED BY PEOPLE WITH ME‘が掲載されました。

2019年1月24日、超党派で40名以上の国会議員が、英議会 下院で、慢性疲労症候群(ME/CFS)に関し審議するために集まった等が記されています。

慢性疲労症候群(ME/CFS)の診断・治療のための研究資金を増やすことと、段階的行動療法(GET)・認知行動療法(CBT)の推奨の中止等が求められた。

英国会議員 キャロル・モナガン氏 8歳の時ME発症した事例を説明
英国会議員 ステファン・パウンド氏 MEの現実を見るように訴える
カテゴリー: 患者 | タグ: | コメントする