腸内細菌をAIで線維筋痛症(FMS)診断


Medical Xpressに、’Gut bacteria associated with chronic pain for first time‘が掲載されました。

腸内細菌をAIを利用して分析し、線維筋痛症(FMS)を87%の確立で診断できたと、カナダ マギル大学が、’Altered microbiome composition in individuals with fibromyalgia‘で報告しています。

カテゴリー: 研究 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください