特発性頭蓋内圧亢進症(IIH)と線維筋痛症(FMS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)との関連


特発性頭蓋内圧亢進症(IIH)と線維筋痛症(FMS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)の特徴的な症状は、頭蓋内圧(ICP)の症状(頭痛・認知障害・グレイマター減少・脳神経障害・リンパ嗅覚路の過多)によって起こっている可能性がある等が、Dovpress ‘The link between idiopathic intracranial hypertension, fibromyalgia, and chronic fatigue syndrome: exploration of a shared pathophysiology‘で報告されています。

カテゴリー: 研究 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください