スタンフォード大 慢性疲労症候群(ME/CFS)の検査確率か


Medsacapeに、’Biomarker May Be a Diagnostic Test for ME/CFS‘が掲載されました。

超微細電子工学血液検査により慢性疲労症候群(ME/CFS)の検査が可能になったと、PNAS ‘A nanoelectronics-blood-based diagnostic biomarker for myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome (ME/CFS)‘に、スタンフォード大 Dr. Ron Davis・カリフォルニア大学アーバイン校 Rahim Esfandyarpour等が報告してる等が記されています。

慢性疲労症候群患者20名の血液と健常者20名のそれでは、高浸透圧ストレスに反応するインピーダンスのパターンの違いがあり、100%の確率で判別できたそうです。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください