英国会で歴史的な慢性疲労症候群に関する審議


#ME Actionに、’HISTORIC PARLIAMENTARY DEBATE SHAPED BY PEOPLE WITH ME‘が掲載されました。

2019年1月24日、超党派で40名以上の国会議員が、英議会 下院で、慢性疲労症候群(ME/CFS)に関し審議するために集まった等が記されています。

慢性疲労症候群(ME/CFS)の診断・治療のための研究資金を増やすことと、段階的行動療法(GET)・認知行動療法(CBT)の推奨の中止等が求められた。

英国会議員 キャロル・モナガン氏 8歳の時ME発症した事例を説明
英国会議員 ステファン・パウンド氏 MEの現実を見るように訴える
カテゴリー: 患者 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください