英キングス・カレッジ・ロンドン大 慢性疲労症候群(ME/CFS)免疫過活動


Mail Onlineに、’ME is real and your body is to blame: Chronic fatigue condition that has mystified scientists for decades is caused by an over-active immune system, study claims‘が掲載されました。

慢性疲労症候群(ME/CFS)患者は、インターフェロンα(IFN-α)による免疫が過剰になっていると、英キングス・カレッジ・ロンドン精神医学研究所が報告した等が記されています。

IFN-αは、C型肝炎の治療に用いられ、慢性疲労症候群のような疲労の副作用がでることもあるとのことです。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください