慢性疲労症候群(ME/CFS)患者の赤血球変形能の異常


Open Medicine Foundationに、’OMF-funded Red Blood Cell Deformability Study Abstract‘が掲載されました。

慢性疲労症候群(ME/CFS)患者では、健常者でみられる赤血球が毛細血管に入り込む時の赤血球変形能が少ないことが分かり、簡単な機器で検査ができる可能性がある等が Dr. Ron Davis等が、Blood Journal ‘Erythrocyte Deformability As a Potential Biomarker for Chronic Fatigue Syndrome‘に報告しています。

 

 

カテゴリー: 研究 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください