84%で慢性疲労症候群(ME/CFS)の診断が可能に


Medical News Todayに、’New chronic fatigue syndrome test is 84 percent accurate‘が掲載されました。

分子を識別する特殊な技術により、慢性疲労症候群 (ME/CFS)患者に共通の562の代謝物と見つかった。2017年に行われた、過敏性腸症候群(IBS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)の両方を患っている患者の代謝物の研究結果と今回の新しい結果を合わせると、84%の確率で慢性疲労症候群を診断できると、コロンビア大学 Center for Infection and Immunity (CII)のDr. Nagy-Szakal等が、Naure ‘Insights into myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome phenotypes through comprehensive metabolomics‘で報告しています。

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください