米国衛生研究所(NIH) 66億円研究費授与発表


米国衛生研究所(NIH)が、3つの共同研究所とデータセンターに研究費約5.9百万ドル(約66億円)を授与すると発表しました。

コーネル大学 慢性疲労症候群(ME/CFS)共同研究センター 9.4百万ドル(約10.3億円)/5年

Dr. Maureen Hansonが主任で、ME/CFS研究者Dr. Dikoma Shungu, Dr. Betsy Keller, Dr. Fabien Campagne, and clinicians Dr. Geoffrey Moore, Dr. Susan Levine, and Dr. John Chia等が在籍しており、患者団体のSolve ME/CFS Initiative (SMCI), Workwell foundationが協賛している。
Dr. Shungu は、神経炎症と酸化ストレスについての研究をおこない、Dr. Hansonは、細胞外小胞の炎症反応について調べるプロジェクトを指揮する。Dr. Andrew Grimsonは、ME/CFSの免疫システムの特徴づける白血球の遺伝子調節不全を調べる。国立神経疾患・脳卒中研究所(MINDS)の監督下。

ME/CFSソリューションセンター 9.6百万ドル(約10.6億円)/5年

Dr. Ian Lipkinが主任であり、ME/CFS患者のサンプルから、自己抗体と共に、バクテリア・菌・ウイルスの分子的足跡を調査する。別のプロジェクトでは、運動後の代謝・遺伝子発現について調べる。さらに、現在のデータベースから臨床像・サブタイプ・併存疾患についても探ることになる。協力する研究者は、Dr. Lucinda Bateman, Dr. Anthony Komaroff, Dr. Susan Levine, Dr. Jose Montoya, and Dr. Daniel Peterson. Additional investigators include Dr. Oliver Fiehn, Dr. John Greally, and Dr. Mady Hornig等。
同センターは、Solve ME/CFS Initiative(SMCI), #MEAction, the Microbe Discovery Projectと共同で研究を行うことになり、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID) の監督下。

ジャクソンラボラトリーME/CFS共同研究所 10.5百万ドル(約11.6億円)/5年

Dr. Derya Unutmazが主任。この研究プロジェクトについての詳細は不明だが、患者の臨床的・生理学的なデータを集め、機械学習のような新しいコンピュータテクノロジーを用い分析するようです。Precise.lyとパートナーを組み、MINDSの監督下。
データマネジメント・コーディネーティングセンター 授与額不明
Research Triangle InstituteのDr. Rick Williamsに授与され、プロジェクトの詳細は近々発表される予定。

※研究費の額については、ネットに出ている数字では計算が合わないようで、修正される可能性があります。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください