米スタンフォード大 シンポジアム サマリー


Stanford Medicine Scopeに、’At symposium, researchers and patients examine molecular basis of chronic fatigue syndrome‘が掲載されました。

先日の、スタンフォード大学での慢性疲労症候群(ME/CFS)シンポジアムのサマリーが掲載され、以下のようなことが記されています。

カルフォルニア大・サンディエゴ大 ミトコンドリア生理学者Dr. Robert Naviauxは、ストレッサーに対する細胞危機応答がベースラインの機能まで戻らないと述べた。

スタンフォード大学 免疫学者 Dr. Mark Davis、シングル・セルシークエンシングを用いて、特定のターゲットをもつT細胞の増加がみられ、慢性疲労症候群(ME/CFS)が自己免疫疾患であるエビデンスを示した。

ノーベル賞受賞者のユタ大学 Dr. Mario Capecchiは、マウスを使い、慢性疲労症候群患者と共通している遺伝状態における、免疫システムと脳のつながりについてプレゼンを行った。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください