米スタンフォード大 炎症・インフルエンザ様引き起こすサイトカイン


Scienceに、’More clues link immune system imbalance with chronic fatigue syndrome‘が掲載されました。

米スタンフォード大のDr. Mark Davis・Dr. Jose Montoya等が、慢性疲労症候群(ME/CFS)患者は、17のサイトカインが症状の重症度と関連していることを発見し、その多くは炎症とインフルエンザ様の症状を引き起こすものであることをPNAS ‘Cytokine signature associated with disease severity in chronic fatigue syndrome patients‘に報告した等が記されています。

※関連記事

カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください