腸内細菌が慢性疲労症候群(ME/CFS) に与える影響


The Microbe Discoveryに、’Ian Lipkin’s CII team shows gut bacteria in ME/CFS may influence disease severity‘が掲載されました。

コロンビア大学のDr. Ian Lipkin等が、以下のような腸内細菌の異常が慢性疲労症候群(ME/CFS)と関連している可能性があると、Microbiome ‘Fecal metagenomic profiles in subgroups of patients with myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome‘で報告しています。

  •  腸内細菌 フィーカリバクテリウム・ロゼブリア・ドレア・コプロコッカス‐ユウタクタス・クロストリジウム・ルミノコッカス ・クロストリジウムのレベルが、慢性疲労症候群(ME/CFS)患者で高い。
  • アリスティペスが多く、フィーカリバクテリウムが少ないことが最もバイオマーカーとなりうる。
  • ビタミンB6の生成・回復経路が豊富にあることがME/CFSであることを強く示している。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください