非定型慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の発見


The Microbe Discoveryに、’New Research Discovers Evidence of Atypical & Classical ME/CFS‘が掲載されました。

米コロンビア大学のDr. Mady Hornig が、慢性疲労症候群患者の中でインターロイキン7(IL7)・インターロイキン(IL 17A)・ケモカイン(C-X-C motif) ligand 9が著しく低下している非定型の患者がいることが、Translational Psychiatry ‘Immune network analysis of cerebrospinal fluid in myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome with atypical and classical presentations’で報告されています。

カテゴリー: 研究 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください