代謝物の異常で冬眠状態 過去最高の研究


US San Diego Healthに、’Researchers Identify Characteristic Chemical Signature for Chronic Fatigue Syndrome‘が掲載されました。

UC サンディエゴ・スクール・オブ・メディスンが、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の患者には20の代謝経路での異常があり、代謝低下症候群・代謝が落ちた状態になっていると、PNAS ‘Metabolic features of chronic fatigue syndrome‘で報告している等が記されています。

Open Medicine FoundationのDr. Ronald Davisは、ホームページの中で、以下のように言及しています。

Dr. Ronald Davis, Director of the Open Medicine Foundation Scientific Advisory Board, reports that “this is the best study on ME/CFS that has ever been done and it will transform research, diagnosis and treatment.”

※引用元 Open Medicine Foundation ‘Exciting News! Researchers Identify Characteristic Chemical Signature for Chronic Fatigue Syndrome’

Open Medicine Scientific Advisoryの委員の理事であるDr. Ronald Davisは、「ME/CFSについて行われた研究の中で、この研究は最高のものであり、今後の研究・診断・治療を変貌させるだろう。」と報告している。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください