慢性疲労症候群治療薬 アンプリジェン アルゼンチンで認可


Phylliy.comに、’Hemispherx’s chronic fatigue syndrome drug approved for Argentina‘が掲載されました。

ヘミスフェリックス・バイオファーマ社のアンプリジェンが、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の治療薬として、アルゼンチンで認可された等が記されています。

※関連記事

カテゴリー: 薬剤 タグ: , パーマリンク

2 Responses to 慢性疲労症候群治療薬 アンプリジェン アルゼンチンで認可

  1. 細川かおり のコメント:

    アンブリジェンを個人輸入するのは無理でしょうか?副作用が強いのかもというのは聞いたことがありますが、どのような副作用でしょうか?

  2. vincent のコメント:

    すいません。
    今頃、コメントに気づきました。

    あまりいい評判ではないですよ。
    結局悪化して後悔している患者がいるようです。
    ただ、詳しいことはわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください