AHRQ PACE TrialでのCBT・GET証拠不十分


Occupy CFSに、’AHRQ Evidence Review Changes Its Conclusions‘ が掲載されました。

医療研究・品質調査機構(AHRQ)は、米患者団体から要求を受け、2014年のEvidence Reviewの補遺を発行し、段階的行動療法(GET)の効果については不十分な証拠で、認知行動療法(CBT)については、かろうじて効果があるとした。

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください