消化器のマイクロバイオームの多様性の減少・構成の変化


INQUISTERに、’Gut Bacteria Linked To Chronic Fatigue Syndrome, Further Studies Needed‘が掲載されました。

コーネル大学のDr. Maureen Hanson等は、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)患者の消化器内のマイクロバイオーム(微生物)の異常があると、Microbiome ‘Reduced diversity and altered composition of the gut microbiome in individuals with myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome‘で報告しています。

Dr. Hansonは、「我々の研究で、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)患者のマイクロバイオームの異常が示され、これが患者の消化器の症状や炎症の症状が起こっている可能性がある。さらに、私達の発見は、この病気が精神疾患だという馬鹿げた考えを払拭するエビデンスとなる。」と語っています。

さらに、食物繊維・プロバイオテクスなど、食事を変えることにより治療ができる可能性もある等が記されています。

※関連記事

 

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください