拒食症はバクテリア感染症か


The Sunに、’Anorexia linked to bacteria by researchers which means there could be new ways to treat it‘が掲載されました。

拒食症はバクテリア感染症による引き起こされる可能性があるとランカスター大学が報告しており、過敏性腸症候群(IBS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)も消化器内のバクテリアを変化させることにより症状が改善される可能性がある等が記されています。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください