NIH 「最後までやり通す!」と誓う


Health Risingに、’NIH Pledges Long Term Effort on Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS): Promises to “Stay the Course”‘が掲載されました。

3月8日(米時間) アメリカ国立衛生研究所(NIH)がテレカンファレンスを催し、所長 Dr. Francis Collins・国立神経疾患・脳卒中研究所(NINDS) 所長 Dr. Koroshets・研究主任 Dr. Nath等が会見に及んだ。

NIH所長 Dr. Collins 「この疾患の研究に専念し、世界で最高の研究センターであるNIHクリニカルセンターの全リソースを使う。」

NINDS所長 Dr. Koroshetz 「これからもずっと慢性疲労症候群研究を行う、所内で行なわれる研究だけで終わりにするのではなく、膨大な慢性疲労症候群を解明する作業の始まりにすぎなく、最後までやり通す。」

研究主任 Dr. Nathは 「慢性疲労症候群はエビデンスより神経免疫疾患であることを示唆しており、臨床センターでの最初の研究は、少人数の被験者で詳細な研究から初めて、長期及ぶにあたり、被験者の数を大人数にし、最終的には免疫調整薬の治験を行う。」と三者はそれぞれ発言した等が記されています。

※関連記事

 

カテゴリー: 研究 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください