抗体によるバイオマーカー開発


Health Risingに、’Novel Finding Sparks NIH Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS) Gut Study‘が掲載されました。

アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)で、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の抗体によるバイオマーカーのため、アメリカ国立衛生研究所(NIH)が20万ドル(2,280万円)が、米コロンビア大学 Dr.Armin Alaediniに授与された等が記されています。

中枢神経系を攻撃する抗体を探そうとしたがみつからず、慢性疲労症候群患者のサブセットに、グルテンに対する抗体の上昇がみられ、重症度との関連もみられた。セリアック病との反応とも異なっている。グルテンへの抗体だけではなく、腸管壁浸漏症候群(LGS)の調査も行う。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください