豪グリフィス大学 白血球異常によるバイオマーカー


#ME Action Networkに、’Australian scientists make breakthrough in Chronic Fatigue Syndrome testing.‘が掲載されました。

オーストラリア グリフィス大学で、慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)・多発性硬化症(MS)患者の白血球のサブセットであるCD8陽性T細胞の異常によるバイオマーカーになりうるものを発見した等を、Hindawi ‘A Preliminary Comparative Assessment of the Role of CD8+ T Cells in Chronic Fatigue Syndrome/Myalgic Encephalomyelitis and Multiple Sclerosis’に報告している等が記されています。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください