女性の慢性疲労症候群「閉経」で2.4倍


Medエッジに、’女性の慢性疲労症候群「閉経」で2.4倍‘が掲載されました。

慢性疲労症候群(ME/CFS)の罹患率は、閉経になると2.37倍であるほか、閉経開始の年齢が早い場合も1.22倍、月経出血過剰の場合は3.31倍、子宮内膜症は3.67倍、避妊用以外のホルモン製剤の使用で2.95倍、月経以外の女性器周辺の痛みで11.98倍、婦人科外科手術は3.33倍、子宮摘出術で3.23倍になると、アメリカ疾病予防センター(CDC)が、Menopauseに報告している等が記されています。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください