慢性疲労症候群(ME/CFS)の記事で医療界に波


Health Risingに、’Chronic Fatigue Syndrome Articles Making Waves in the Medical Community‘が掲載されました。

先日、掲載された Medscapeの’Chronic Fatigue Syndrome: Wrong Name, Real Illness(慢性疲労症候群:不適切な名称,本当の病気)’という記事が掲載されたが、今もなお大規模なサイトMedscapeの中で医療従事者の中で最も人気のある記事となっている。

著者は、慢性疲労症候群(ME/CFS)という病気が本物であり、ハーバード大学 Dr. Komaroff・スタンフォード大学 Dr. Montoya等による専門的な見解を引用し、それを証明している。

いくつかの研究での重要な発見・薬剤の治験についても強調して述べている。

研究費の額についても、患者数が40万人の多発性硬化症(MS)が115百万ドル(135億円)に対し、患者数100万人の慢性疲労症候群(ME/CFS)に対し5百万ドル(5億9千万円)しか授与されていない。

(続)

カテゴリー: メディア, 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください