米スタンフォード大 慢性疲労症候群(ME/CFS)患者の右脳の白質の減少


SFGATEに、’Findings of brain anomalies may shed light on chronic fatigue‘が掲載されました。

慢性疲労症候群(ME/CFS)患者の右脳の白質が減少していると、米スタンフォード大学 Dr. Jose Montoya等がthe journal Radiology ‘Right Arcuate Fasciculus Abnormality in Chronic Fatigue Syndrome‘に報告した。

これまでの脳のスキャンの研究結果では、強く信頼できる身体的な病気であるとできなかったが、
この研究結果は新しいテクノロジーにより詳細なスキャニングができ、奨励に価するものだった。

患者の右脳の白質が減じており、白質は炎症から影響を受けやすいと考えられている。
言語・理解力を司る弓状束という部位は、灰白質は逆に厚みが増幅していた等が記されています。

 

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください