慢性疲労症候群(ME/CFS) 大脳基底核の反応が低下


Science 2.0に、’Brain Imaging Reveals Clues About Chronic Fatigue Syndrome‘が掲載されました。

運動調整・意欲に関連している大脳基底核の反応が慢性疲労症候群(ME/CFS)患者では低下していると、
エモリー大学がPLOS Oneに報告している等が記されています。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください