慢性疲労症候群(ME/CFS)診断・症例定義 抜本的に見直し


Scientific Americanに、’Baffling Chronic Fatigue Syndrome Set for Diagnostic Overhaul‘が掲載されました。

アメリカ合衆国保険福祉省(HHS)からの要請を受けて、米国医学研究所(IOM)が100万ドルをかけて、
診断及び症例定義を抜本的に見直しをする調査を行い、2015年の春に発表される予定である等が記されています。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

2 Responses to 慢性疲労症候群(ME/CFS)診断・症例定義 抜本的に見直し

  1. ももえん のコメント:

    すごいですね!

    • admin のコメント:

      ももえんさん、いつもコメントありがとございます。

      日本の脳の炎症についても診断方法に使えるようになる可能性があるようなことも書いてありました。
      できるだけ客観的な診断方法が見つかることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください