理研 慢性疲労症候群と脳内炎症の関連を解明


理化学研究所のホームページに、”慢性疲労症候群と脳内炎症の関連を解明”が掲載されています。

※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

4 Responses to 理研 慢性疲労症候群と脳内炎症の関連を解明

  1. ももえん のコメント:

    こんにちは。いつも情報発信ありがとうございます☆

    今回の発表はかなり大々的に報じられてましたね。

    これで、WHOの精神疾患の暫定入りが、
    再検討されることを期待してます。

    でも、一般的に、精神疾患でも、脳についての関連性を
    指摘されることも多いので・・・・
    どうなんだろう、というところですが。

  2. admin のコメント:

    ももえんさん

    その通り、脳に炎症といっても、精神疾患や他の病気でもあるようなので、
    これで、精神疾患ではないということは、難しいのではと思います。
    イギリスの医師が、患者の過激派に対し、
    精神疾患でも神経学的な異常があることも知らないって批判してました。

    この研究の9人という少数の研究ですし、
    炎症がどれだけこの病気に関連しているのか、
    これから、さらに研究が必要ということでしょうね。

  3. ももえん のコメント:

    やはり、そうですよね。。。

    今は少しでも解明に一歩近付いたことを喜びつつ
    さらなる核心に迫る研究に期待したいですね。

    より多くの被験者のデータをとって頂き、
    より多くの研究者の方々に協力してもらえるようになるといいですよね。

    • admin のコメント:

      ももえんさん

      このところ研究費が少ないので、
      このような研究をピンポイントでやっていくことしかできないので、
      次につながるようなものとなってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください