遺伝子による検査の可能性


ProHealthに、’A Genetic Test for ME/CFS?‘が掲載されました。

SNP解析で、症状の重さや治療に対する反応が予見できる可能性があり、28のSNPプロファイルにより、76%の確率で慢性疲労症候群(ME/CFS)患者を特定できるとNational Capital Region of Virginia TechがPharmacogenomicsに報告しています。

カテゴリー: 研究 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください