慢性疲労症候群(ME/CFS)治療薬 アンプリジェンは魔法の薬か?


先日、アメリカ食品医薬品局(FDA)が、慢性疲労症候群(ME/CFS)の治療薬としてアンプリジェンの認可を見送ったことを伝えたが、果たしてこの薬剤は本当に慢性疲労症候群に効果があり、夢のような展望が開かれるのか。
患者等は請願書を集め、ハンガーストライキを起こす患者も出て来た。認可されることは朗報のように見受けられる。しかし、情報を集めるに従い様々な見解が錯綜しているよう。

In the early 1990s Kim Kenney (McCleary), now the President of the CFIDS Association of America , said “Ampligen is a good drug in the wrong hands”. Daniel Hoth, then head of the National Institutes of Health’s AIDS drug program, went further when he told the Wall Street journal that “no professional drug company with any degree of professionalism would ever develop Ampligen the way it was developed by HEM.
※参照元 Phoenix Rising ‘Twisted History: Ampligen and CFS

1990年代の前半ではあるが、アメリカの患者団体 CFIDS Association代表 Kim McClearyは、「悪い手にあれば、良い薬である。」と述べている。

Hemispherx also hired those most polictically active in the field to be on their various boards such as Anthony Komaroff, M.D., a member of the CFSAC, Staci Stephens, a member of the CFSAC, and Charles Lapp, M.D., a member of the CFSAC.

中略

Even those physicians who insist it has efficacy seem to be monetarily rewarded by Hemispherx.
※参照元 The National CFIDS Association ‘Ampligen in the Pink

アンプリジェンの開発元のHemispherxは、この分野で政治的に活動的なハーバード大 Dr. Anthony Komaroff・Dr. Charles Lapp両氏等を、様々な委員会に雇った。金銭を与えられている医師が薬剤に効果があると主張していると。しかし、Dr. Anthony Komaroffは委員会で、効果についても安全性についても反対票を投じており、一方日本でも講演したDr. Charles Lappは効果があり、安全性も高いと主張している。

That’s why the rejection of Ampligen was especially upsetting to so many chronic fatigue sufferers, said Dr. Jose Montoya, an infectious disease specialist who helped establish a chronic fatigue syndrome team at Stanford. Montoya said he isn’t convinced of Ampligen’s effectiveness,

中略

Already, patients are required to pay roughly $20,000 a year, almost none of which is covered by insurance, for the Ampligen they take in clinical trials.
※参照元 SFGate ‘Chronic fatigue patients frustrated with FDA

スタンフォード大学 Dr. Jose Montoyaも、効果があると確信は得られていないと。そして薬剤を手に入れられるとしてどれくらいの費用がかかるのかが記されており、年に20,000ドル(188万円)程になると。

製薬会社は営利活動を行うのは当然であるけれど、金銭のために薬剤の有効性・安全性が客観的に伝わらないというのはいかがなものかと思う。

カテゴリー: 薬剤 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください